以前にAptana1.1を日本語化しましたが、Aptana studio 1.2 が出ましたのでインストールし日本語化してみました。

 Aptana1.2 + pleiades1.2.2の方法(失敗例)

俗にいうサードパーティ製のプラグインをつかって日本語化する方法です。Aptana1.1のときはっこれでうまくいきましたが、2008/10/25現在ではこの方法は問題ありでした。

まず、起動時に「JVM terminated.Exit code=1」とエラーが出るようになりました。このエラーは「JREが複数あって、どれを使ったらいいかわからないよ」というエラーらしいです。
まぁこれは、自分がインストールしてあるJREのフォルダーの中身(私の場合はC:\Program Files\Java\jre6)を、Aptanaをインスールしたフォルダー内のJRE(C:\Aptana\Aptana Studio\jre)に上書きコピーすることで、起動するようにはなりました。

しかーし、このあとAptana1.2を使って、JavaScriptのコードを書くと@importで不自然なエラーマークが表示されるようになり、 また、日本語データを含むXMLデータを書いてもと同じくエラーマークが出るようになりました。

エラーでないのにエラーマークが出てしまうと精神衛生上よろしくありません。というか耐えれません;;
よって 今回は断念;; Pleiadesの対応まちとしましょう。(ちなみにPleiades1.2.3.p6でもだめでした;;)

 

Eclispeランゲージパックを使用する方法

Aptana1.2はeclipse3.2.2から作成されています。ですからeclipseのランゲージパックをあててみました。
使ったのはNLpack1-eclipse-SDK-3.2-win32.zip です。古いバージョンですがAptana1.2のEclipseバージョンと合わせてみました。詳しいやり方はここを見てください。
変なエラー表示もなくうまく動いてるようです(^O^)/

Pleiadesと比べると日本語化できてない部分もありますが、今はこれでよしとしました。

以上 ご報告でした。もっといい方法をご存じの方がいましたら教えてくださいね。

================================================

その後・・・ 2008/11/02 再チャレンジ

2008/11/2に再度インストールするはめになり、再度チャレンジしてみました。

実はこの期間の間にダウンロードファイルに変更があったようです。ファイル名がAptana_Studio_Setup.exeで共通なので見た目は判断できませんが、ダウンロードしたファイルサイズがほんの少し大きくなっていました。(期待感上昇^^)

(11/02に再ダウンロードしたもの)
   Aptana_Studio_Setup.exe (123,152,384バイト) ダウンロード先
   pleiades_1.2.3.p8.zip ダウンロード先

この組み合わせだど、1.1の時と同じ方法でうまくいきました。w インストール方法

しかし、Ajax開発で、Dojo1.2を組み込んだプロジェクトでDOJOのサンプルを読み込んでみると、相変わらずエラー表示です。;;

 
 

日本語データのXMLは同じようなエラー表示はなくなってました。

以上 ご報告でした

=========================

その後のその後

@import文のエラー表示解決しました ここみてね