Javaの脆弱性を使ったゼロデイ攻撃が発生し、Javaのアップデートが公開されました。
しかし、脆弱性の全てが修正されていないためJavaの無効化が推奨されているようです。
そこで、Javaのアップデートと無効化の手順を紹介します。

【アップデート】
 32bit版
  コントロールパネルを開き、JavaをクリックしてJavaコントロール・パネルを開きます。
  更新タブをクリックし、「今すぐ更新」ボタンを押してください。

 64bit版
  64bit版のJavaコントロール・パネルには更新タブがありません。
  なので、64ビットのブラウザ(Internet Explorer(64ビット) など)を起動させて
  http://www.java.com/ja/ からインストールします。

 64bitのWindowsを使用していて32bitと64bitの両方が入っている場合、
 コントロールパネルには32bitのJavaコントロール・パネルが表示されていなかったりします。
 その時に32bit版のJavaコントロール・パネルを起動させるには、
 C:\Program Files (x86)\Java\jre7\bin\javacpl.exe
 ※jre7の部分はバージョンにより違うので注意
 を実行すれば32bit版のJavaコントロールパネルが開きます。

【無効化】
 Chrome
  URL に chrome://plugins と入力してプラグインの一覧を表示します。
  一覧からJavaとついているのを探して無効にするをクリックします。

 Firefox
  左上の Firefox▼ をクリックしアドオンをクリックします。
  拡張機能からJavaを探し無効化ボタンをクリックしてください。

 IE
  IEはブラウザ側で無効にしても無効になりません。
  なので、Javaコントロール・パネルからセキュリティタブを開き
  「ブラウザでJavaコンテンツを有効にする」のチェック外します。
  セキュリティタブの中に「ブラウザでJavaコンテンツを有効にする」が無い場合は
  Javaをアップデートしてください。

 無効化されているかどうかは http://browserspy.dk/java.php にアクセスして、
 Javaのバージョン等が表示されるかどうかで判断できます。