唐突に Azure Storage Explorer で Development Storage が開けなくなりました。
アイコンに×が付いている状態です。

昨日までは、特に問題なく使えてたのに急に。
思い当たる事といえば、SpaceBlock を使ってデータ作ったぐらい。
SpaceBlock だと問題無く開けるので、
コンテナを見てみると $root というコンテナが作られていました。
何で作られたのかわからないけど他に原因がわからないので、
このコンテナが悪いと決め付け削除することに。

…削除できないんですよ、エラーが出て。

本番環境じゃないし、
データもたいしたこと無いのでストレージをリセットの方向に決定。
Development Storage UI を開き、念のため Stop してから Reset。
ストレージをスタートさせて
Azure Storage Explorer で見てみると無事に接続できました。
データ全滅。
あれだ、ソーラ・レイだ、…違うか。

心配なのは、本番環境で起こるのかどうか。
Azure Storage Explorer 使えなくなるだけなんだけど、
Table・Blob・Queue 全部にアクセスできるのは便利なので使いたい。
原因が本当に $root コンテナなのかよくわかってないのも気持ち悪い。

なんか色々釈然としません。